競技と仕事の両立「デュアルキャリア」を掲げる、横浜市初のプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS(グリッツ)」でGK(ゴールキーパー)を務める。プロ選手でありながら、一日の大半はフロアコーティングの会社で営業マンとして汗を流す。「働くのは初めてで、最初は電話の取り方も分からなかった。今は電話が取れるようになりましたよ」と謙遜しながら笑う。
 同市瀬谷区出身。幼稚園のときに親友から誘われ、アイスホッケーを始め、技を磨いた。早稲田大卒業後、プロ選手として「H・C・栃木日光アイスバックス」に入団。八年間在籍し、日本、韓国、ロシアのチームで戦う国際リーグ「アジア・リーグ」にも出場する...    
<記事全文を読む>