岩手県釜石市を拠点にするラグビーの釜石シーウェイブス(SW)は5日、ホームの釜石鵜住居復興スタジアムで東日本大震災後から親睦を深めているトップリーグのヤマハ発動機と交流試合を行った。小雨の中、マスク姿で駆け付けた観客約900人は、新型コロナウイルス対策のため禁止されたコールや応援歌の代わりに拍手で選手を鼓舞した。試合は61-5でヤマハ発が大勝した。

...    
<記事全文を読む>