ソフトボール日本リーグ女子1部の後半開幕節が9月5、6日、神奈川・大和スタジアムで行われ、群馬県のビックカメラ高崎(昨年1位)と太陽誘電(同6位)が今季初戦に臨む。5日は誘電が豊田自動織機(同4位)、6日はビックがトヨタ自動車(同3位)と対戦する。リーグは新型コロナウイルス感染症の影響で前半戦5節がすべて中止。後半開幕節から第10節までの6節、1回戦総当たり制の短期決戦を戦い、決勝トーナメントを目指す。

 2連覇を目指すビックカメラ高崎は、中野花菜投手と降矢香捕手ら5人が退団した。岩渕有美監督は「1人入れ替わるだけでチームカラーは変わる。シーズンを戦いながら全員が...    
<記事全文を読む>