女子ゴルフの国内四大大会の今季初戦、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は10日、笠岡市のJFE瀬戸内海GC(6640ヤード、パー72)で開幕した。国内トッププロ131人が13日までの4日間、日本屈指のリンクスコースを舞台に熱戦を繰り広げる。

 女子の四大大会が岡山で開催されるのは初めて。昨季賞金女王の鈴木愛、今季2戦連続優勝を飾った新人の笹生優花、8月のAIG全英女子オープンで日本勢最高の6位に入った上田桃子らが晴天微風の好コンディションの中、午前6時50分から順次、スタートした。

 岡山勢では、ともに作陽高出の藤本麻子(津山市出身)、東浩子(勝央町出身)が出場...    
<記事全文を読む>