陸上の第75回国体選考会(三重国体1次選考会)は13日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで行われた。

 男子オープン三段跳びの屋良太章(友睦物流)が自身の持つ県記録を1センチ更新する15メートル85を跳び、優勝した。男子A(高校1~3年)ハンマー投げではアルサランシャキル(中部商高)が61メートル95で頂点に立ち、男子共通円盤投げと合わせて2冠を達成した。

 ハンマー投げのアルサランシャキル(中部商高)の3回目。1ターン目でハンマーのヘッド(重り部分)をサークルにこすらせたが、勢いは衰えない。遠心力で速度を増し、放ると同時...    
<記事全文を読む>