横浜マラソン組織委員会は3日、新型コロナウイルスの影響で中止した「横浜マラソン2020」に代わるイベントとして、11月にオンラインマラソンを開催すると発表した。中止決定前に2万4000人のエントリーがあり「横浜マラソンを楽しみにしているランナーの期待に応えたい」と決めた。先着2000人。募集期間は10月1〜23日。

 
 イベント期間は横浜マラソンが予定されていた11月1日から14日までの2週間。フル(42.195キロ)、ハーフ(21.0975キロ)、10キロから距離を選び、走った距離やタイムを計測するランニングアプリ「TATTA」を起動したスマートフォンを持って好きな場所を走...    
<記事全文を読む>