バスケットボール女子Wリーグは18日にレギュラーシーズンが開幕する。昨季は新型コロナウイルスで打ち切りとなり、今季は当初の12チームによる1リーグ総当たり制から変更し、6チームずつに分かれた東西カンファレンス(地区)制度を導入した。東地区のシャンソン化粧品は19、20日に東京羽田と敵地で開幕カードに臨む。来年1月9、10日に静岡市中央体育館で東京羽田との地元連戦がある。
 シャンソンは14年ぶりに復帰した李玉慈(イ・オクチャ)新ヘッドコーチ(HC)が2005~06年以来のリーグ制覇を目指す。指揮官は5月の就任以来、3点シュートの確率アップとシーズンを乗り切る強い体づくりを求め...    
<記事全文を読む>