バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)広島は、「攻める守備」を磨いている。敵陣深くから相手に圧力をかけ、自由に攻めさせない。堀田監督は「前から仕掛けて、パスをつながせない。強度が上がってきた」。初挑戦のB1では守備からリズムをつくる。

...    
<記事全文を読む>