プロバスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の福島ファイヤーボンズは31日、10月のシーズン開幕に向け楢葉町で合宿入りした。同日は練習会場の屋内体育施設「ならはスカイアリーナ」で報道関係者に練習を公開した。

 合宿は復興支援の一環として、昨年に続き同町で実施。菅野翔太選手(二本松市出身)ら選手10人が参加し、フォーメーションの確認や実戦形式の練習に汗を流した。

 合宿は今月4日まで。同日は楢葉中の生徒との合同練習に臨み、交流を深める。森山知広ヘッドコーチは「シュートの成功率など課題をどう克服できるか。より実戦に近い形でチームづくりを進めていく」と話した。

...    
<記事全文を読む>