磐田はJ1自動昇格圏の長崎との勝ち点差9を縮めることができなかった。前半は相手に決定機で上回られながらも守備陣が踏ん張り、反撃に出た後半は11本のシュートを放った。だが、枠を捉えられない遠目からのシュートがほとんどだった。最後まで相手の守備を崩せず、9日の水戸戦に続くスコアレスドローに終わった。
 敵将の手倉森監督は「締まったゲームができた」と振り返ったが、追う立場の磐田としては、勝利への執着心で相手を圧倒したかった。それでもフベロ監督は「大事な試合だと選手に伝えた試合で引き分けは満足できないが、手応えはあった。(シーズン折り返しまで)あと2試合。まだ諦める段階ではない」と内...    
<記事全文を読む>