サッカーJ2で前節17位のファジアーノ岡山は13日、岡山市のシティライトスタジアムで同4位甲府と対戦し、0―0で引き分けた。勝ち点21(5勝6分け8敗)としたが、順位に変動はなかった。

 ファジアーノは3連勝中の上位チームを相手に互角の攻防を演じた。あとわずかのところでゴールを割れなかったが、前半に相手FWとの1対1を防いだGKポープらの活躍もあり、勝ち点1を確保した。

 見せ場もあった。攻撃のギアが上がったのは、司令塔のMF上田が途中出場した後半7分から。上田が出したゴール前への浮き球にFW赤嶺が飛び込んだり、FW清水が強烈なミドルシュートを放ったりと何度も好...    
<記事全文を読む>