フットサルFリーグ第1節最終日は6日、三重県営サンアリーナであった。バサジィ大分はフウガドールすみだと対戦。4―2で勝ち、開幕白星スタートを切った。
 大分の今季2試合目(リーグ第6節)は19日午前11時から、べっぷアリーナでボアルース長野と対戦する。

 大分が今季開幕戦で鮮やかな逆転勝利を収めて白星発進した。伊藤雅範監督は「試合勘の部分で多少の不安があった。思うようなプレーができない場面もあったが、選手が集中して戦い抜いてくれたおかげで結果を残せた」と話した。
 前半はリードを許す嫌な展開だった。後半、粘り強く守り、速攻を仕掛けて流れを呼び込...    
<記事全文を読む>