サッカーの高円宮杯U―18(18歳以下)プリンスリーグ北信越は6日、新潟県長岡市などで第1節最終日の3試合を行い、初参戦でA組の松本山雅U―18は昨季王者の帝京長岡高(新潟)に0―1で敗れた。
 松本山雅U―18は前半33分、相手が素早く始めたFKへの対応が遅れて先制を許した。後半は主導権を握って押し込む時間が増えたが、最後までゴールを割ることができなかった。
 リーグ戦は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて5カ月遅れで開幕。10チームを2組に分けて1回戦総当たりで競い、リーグ戦終了後は各組の成績に応じて順位決定戦を行う。

...    
<記事全文を読む>