サッカーJ2に今季昇格したギラヴァンツ北九州が、リーグ2位(5日現在)と快進撃を続けている。2年前にJ3最下位に沈んだチームがなぜ急成長したのか-。一つは、昨季から取り組む体力強化。もう一つは、新型コロナウイルスの感染拡大による約4カ月間のリーグ中断にあるという。サポーターからは早くも「悲願のJ1初昇格へ」と期待の声が上がっている。

 「ゴール前でうまく力を抜けるようになった」。リーグ2位の9得点を挙げるFWディサロ燦(あきら)シルバーノ選手(24)は、中断期間に自宅近くの公園で毎晩壁当てをした。ゆるく蹴ったり、跳ね返ってきたボールを直接蹴ったり、試合をイメージしながら感覚...    
<記事全文を読む>