明治安田J2第16節は2日、各地で11試合が行われ、16位水戸は徳島県鳴門市の鳴門ポカリスエットスタジアムで3位徳島と対戦する。キックオフは午後7時。水戸の今季通算成績は4勝5分け6敗、勝ち点17。攻撃サッカーを掲げる両チームがぶつかり合う。

水戸は前節、課題となっていた守備を改善し無失点に抑えたが、持ち味の攻撃で迫力を欠き0-0で引き分けた。秋葉監督は「攻撃力を残しながら守備の安定感を出す」とバランスを探る。

4-5-1や3-4-3の新布陣には一定の手応えがあった。完成度を高めていきたいが、徳島戦までは中3日と時間は限られる。改めて戦術を整理...    
<記事全文を読む>