栃木SCの右サイドバック溝渕雄志(みぞぶちゆうし)が攻撃の起点として存在感を増している。前節の甲府戦では武器の高精度クロスで決勝ゴールを演出。今季初アシストに「0と1では大きく違う。続けてきたことが結果になって良かった」と喜んだ。

堅守の真価問われる一戦 栃木SC 2日、ホームで北九州戦

 MF西谷優希(にしやゆうき)が「いいボールが来て、飛び込んだら入っていた」と語る完璧な弾道だった。後半6分に右サイドでパスを引き出し、ワンタッチでクロス。ニアサイドへ走り込んだ西谷の頭にピンポイントで合わせた。

...    
<記事全文を読む>