J1札幌への来季入団が内定した長崎・国見高3年のFW中島大嘉(18)が1日、同校で記者会見し「札幌で努力して大きく成長し、世界で活躍できる選手になりたい」と抱負を語った。

 大阪市出身。地元のクラブチームから両親の母校でもある国見高に進んだ。身長188センチ、体重77キロの体を生かした高さと当たりの強さに加え、速さと足元の技術を併せ持つ大型FWで、昨年度の全国高校選手権県予選でも決勝に進出した。

 会見では、札幌を選んだ理由を「選手の育成に定評のあるスタッフや練習環境に恵まれている」と説明。1年目からゴールを決めて実績を重ね「3年以内に欧州でプレーし(世界年間最...    
<記事全文を読む>