サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディースを運営するベガルタ仙台(仙台市)は1日、就職情報会社のマイナビ(東京)に経営権を譲渡する基本合意書を締結したと発表した。拠点はこれまで通り仙台市に置く方針。「マイナビ仙台レディース」にチーム名を変え、来年9月にスタートする女子プロリーグ「WEリーグ」への参入を目指す。
 男子のJ1仙台も運営するベガルタは、新型コロナウイルスの影響で大きく悪化した経営状況を改善するため、採算が見込めない女子部門を切り離すのが狙い。
 ベガルタは、マイナビベガルタ仙台レディースを運営するベガルタスポーツクラブの発行済み株式を、...    
<記事全文を読む>