J1神戸の元スペイン代表MFイニエスタが31日、自身が展開するサッカースクール「イニエスタ メソドロジー」のオンラインイベントに出演し、サッカーに親しむ少年少女や保護者ら約250人と交流した。

 名門バルセロナやスペイン代表で数々のタイトルを獲得してきたイニエスタ。「子どもの頃は1部リーグでプレーし、素晴らしい選手になることだけが夢だった」と振り返り「わくわくしながら高みを目指し、継続していくことで道は開けていく」と経験を語った。

 質問コーナーでは自身のサッカー哲学を惜しみなく披露した。GKとの1対1で緊張してしまうという男児には「ボールを持っているのは自分。...    
<記事全文を読む>