セ・パ両リーグが選定し、最も印象深いサヨナラ打を放った打者を表彰する8月度の「スカパー!サヨナラ賞」が15日に発表され、セ・リーグからは広島の上本が選出された。「まさか賞をいただけるとは夢にも思わなかった。うれしい限り」と控えめに喜んだ。

 対象となったのは8月28日の阪神戦(マツダ)。九回1死一、二塁で中越えにプロ初のサヨナラ打を放った。涙を流す姿はファンの感動を誘い、「打った瞬間に駆け寄ってくれたみんなの笑顔に我慢できなくなった」と明かした。

 サヨナラ打は野球人生でも初という。「本当にあの瞬間は格別だった」と振り返っていた。

...    
<記事全文を読む>