一直線に伸びていった打球はそのままバックスクリーンのスタンド席まで届いた。西武の高木が9月12日のソフトバンク戦(ペイペイドーム)でプロ初本塁打をマーク。福岡県朝倉市出身の20歳が故郷に錦を飾った。「手ごたえは完璧でした。ただあの打球が入るんですね…(テラス席ではなく)スタンドまで届いていました?」。打球が最後、どこまで飛んだかはわからなかったという。

 8月13日の楽天戦(メットライフドーム)でプロ入り初安打を放った高木は翌日猛打賞の活躍でヒーローに。ところが翌日、右足首を痛め登録を抹消され、再びファームでの調整が続いていた。

 8月下旬に実戦復...    
<記事全文を読む>