大貫は6回3失点と力投したが、打線の援護なく7月10日以来の3敗目。「先発としてうまく仕事ができなかった」と責任を背負い込んだ。

 初回の先頭大島の打球が右足首を直撃。四球を与えた後、適時打と犠飛で2点を献上。三回にソロ本塁打を浴びた後は立ち直ったが、「積極的に振ってくる打者が多い中、カウントを取る球が甘くなってしまった」と悔やんだ。(横浜)

...    
<記事全文を読む>