日本女子ソフトボールリーグ二部が十二日、大垣市浅中公園総合グラウンドで開幕した。大垣ミナモソフトボールクラブ(大垣市)はtakagi北九州(北九州市)に1−3で敗れ、地元での初戦を飾れなかった。
 ミナモは二回、相手に四球と失策で出塁を許すと、先制の3点本塁打を浴び、決勝点となった。打線は最終回、須藤麻里子選手の左越え本塁打で1点を返したが、つながりを欠いた。新加入のサラ・パウリー投手が4被安打9奪三振の好投を見せたが、3四死球と制球に苦しむ場面もあった。
 望月孝雄監督は「両チームとも得点は本塁打で、走者がいるかどうかで差が出た。一部昇格に向けて、もう...    
<記事全文を読む>