日本ハムが連敗を3で止めた。一回、近藤の犠飛と中田の自身通算250号となる2ランで3点を先取。五回以降も西川とビヤヌエバの犠飛で差を広げた。2番手村田が2年ぶりの白星。マルティネスが来日初セーブを挙げた。ロッテは6連勝でストップ。

...    
<記事全文を読む>