広島の高橋大が壁に直面している。8年目の今季、初めて1軍で開幕を迎えたものの、結果が出ず2軍落ち。ウエスタン・リーグで打率2割、4本塁打と本調子にはほど遠い。「不調の原因は、言い出したら切りがないくらいある」。再起に向けて2軍で淡々とバットを振っている。

...    
<記事全文を読む>