渡辺がプロ初の1試合4安打をマークした。四回の右翼線二塁打を皮切りに、打ちまくった。

 先頭で迎えた六回は右中間を深々と破り、今季初の三塁打でチャンスメーク。一時は1点差に迫るホームを踏んだ。八回は二塁への内野安打で、今季4度目の猛打賞をマーク。「しっかり逆方向にも打球が飛んでいますし、詰まりながらも打球がいいところに飛んでいる。感触としては悪くない」とうなずいた。

 九回の第5打席は、本塁打が出ればサイクル安打の場面だった。「みんながいろいろ言っていましたし、やっていいのかとちょっと思った」と意識は働いていた。だが、4点差で2死一、二塁の好機。チーム打撃を優先...    
<記事全文を読む>