大仙市神岡地域の500歳野球チーム、神岡大浦クラブが今シーズン初の練習試合を行ったのは7月19日のことだった。

 例年は春からチームでの練習を本格化させるが、新型コロナウイルスの感染拡大により活動がままならなかった。待ちに待った試合とあってメンバーは大いに張り切り、ベンチからは「あまり無理するなよ」の声も飛んだ。

...    
<記事全文を読む>