ソフトボール日本リーグ女子1部の後半開幕節が9月5日、神奈川・大和スタジアムで行われ、群馬県の太陽誘電(昨季6位)は豊田自動織機(同4位)との今季初戦に臨む。昨季は混戦からあと一歩抜け出せず、4年ぶりに決勝トーナメントを逃した。復権を懸けたシーズンはスタートダッシュが欠かせない。

 注目は左腕の曽根。昨秋の茨城国体決勝で先発、ベテラン捕手佐藤みなみの好リードに支えられ、愛知代表のトヨタ自動車を3回無失点に抑えて優勝に貢献した。佐藤は曽根の制球力を評価し、「偏らない配球なら持ち味が出せる」と太鼓判を押す。山路典子監督も「これまで自信が足りていなかった。結果を出せたこ...    
<記事全文を読む>