ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは1日、福島県の牡丹台野球場で福島と対戦し、2-7で敗れた。

 新潟は序盤の5失点が重く、打線も9安打を放ったが2点どまり。連勝は3で止まった。

 先発小野は一回、連続長短打で無死二、三塁のピンチを招くと、犠飛と適時打を浴び2点の先制を許した。二回は自身の失策なども絡み3失点。マウンドを降りた。四回は中園、六回は海老塚が1点ずつ奪われた。

 打線は初回、2死満塁のチャンスをつくったが無得点。0-5の三回、1死二、三塁から、楠本の内野ゴロと菊地の適時二塁打で2点を返した。その後も...    
<記事全文を読む>