野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは1日、高崎城南球場で中地区同組の信濃と対戦し、3-3(規定により七回時間切れ)で引き分けた。通算成績は11勝20敗6分け。次戦は2日、同球場で再び信濃と戦う。

 ○…群馬は初回、井野口の適時内野安打で先制した。三回に2点を失うも、四回は2死から瀬口の右前打を足場に連続押し出し四球で一時勝ち越した。だが五回に同点とされ、以降は得点できなかった。

 投手は4人の継投で3失点。六回から登板した4番手の田代は無安打と好投した。

...    
<記事全文を読む>