◆ロッテ1-9西武(1日、ZOZOマリン)

 西武は攻撃型布陣を敷いた打線が9得点と機能し、3連勝を飾った。

 4シーズンぶりに2番で起用された好調の栗山が先制打を含む3安打3打点の活躍。「今日は2番での起用でしたが、気持ちは普段と大きくは変わらず、特別な意識はなかったです。前回2番に入ったのはいつだったか、記憶にないですね。

 足の速いランナーに挟まれた打順(1番金子、3番外崎)だったので、いい意味でチームの潤滑油になれれば、と思って試合に臨みました。(3回の)先制の場面では、金子がうまくつないでくれました。結果的にはチャンスでランナーをかえすこと...    
<記事全文を読む>