頼れる男が攻守で存在感を見せた。松本の適時打で勝ち越した七回。なお1死満塁の好機で、中田が左犠飛を放ちリードを広げた。

 「剛(松本)がタイムリーを打ってくれて、少し楽な気持ちで打席に入れた。上沢がいいリズムで投げてくれていたので、大事な追加点を取ることができて良かった」

 活気づく打線の勢いは、八回も持続した。松本の押し出し四球と西川の適時打で2点を追加。さらに1死満塁から中田が、楽天にトドメを刺す2点適時打をマークした。主砲はこの試合で3打点を荒稼ぎし、今季の打点数を12球団断トツの「71」に伸ばした。<道新スポーツ9月2日掲載>

...    
<記事全文を読む>