ルートインBCリーグの信濃グランセローズは、1〜6日の6日間で5試合を戦う。球団記録の12連勝(1分け挟む)を達成した後、8月29日の群馬戦で大敗するなど今季初の2連敗を喫した信濃は、気を引き締め直して臨む。

 連敗した2試合は先発の福地と佐渡が先制点を許しただけでなく、味方が得点した直後の回にも失点。流れを引き込めなかった。

 1日の予告先発は、今季2勝1敗の大島(長野日大高出)。前回の先発登板(8月1日)は制球難で3回7失点と崩れており、巻き返しを図る投球が求められる。

 打線はともに打率3割5分4厘の田島、新井の1、2番に期待。連敗中は田島が3...    
<記事全文を読む>