横浜DeNAは31日、野球振興・スクール事業に従事する球団職員1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。保健所と連携し、濃厚接触者はいないことが確認されたという。選手や監督らとの接触がないため、チームは活動を続け、スクールも継続する。
 
 球団によると発熱などの症状はなく、28日にPCR検査を受け、29日に陽性と判定された。

...    
<記事全文を読む>