日米245セーブ 右腕悪化
 プロ野球阪神は31日、米大リーグ時代の二つを合わせて日米通算245セーブを誇る藤川球児投手(40)がプロ22年目の今季限りで現役を引退すると発表した。シーズンを通したコンディション維持が困難として本人から申し入れがあり、球団が了承。1日午後に兵庫県西宮市内で引退記者会見を行う。

 藤川は高知市出身の「松坂世代」。高知商業高校から1999年にドラフト1位で阪神入りし「火の玉」と称された剛速球を武器に2005年はリーグ優勝に貢献した。05、06年には2年連続で最優秀中継ぎ投手となり、07年と11年は最多セーブのタイトルに輝いた。1...    
<記事全文を読む>