10月のバレーボールVリーグ開幕に向けて調整を続けているV1女子・岡山シーガルズ。コロナ禍で大会が相次いで中止になり、実戦経験が積めていませんが、4年目の吉岡美晴選手(21)は「じっくりプレーに向き合う時間ができたとプラスに捉えている。開幕したら支えてもらったみなさんへ感謝の気持ちが伝わるバレーをしたい」と前向きに練習に打ち込んでいます。佐々木萌さんの引退で“空席”になったレフトのポジション争いや今季に懸ける思いなどを聞きました。

 -チームの近況を教えてください。

 大会が中止になって時間がある分、リーグ開幕に向け集...    
<記事全文を読む>