【旭川】新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合の機会を奪われた中学生のバレーボール選手を励まそうと、交流試合やゲームを楽しんでもらうイベントが13日、旭川市の道北アークス大雪アリーナで開かれた。旭川市に拠点を置くVリーグ2部(V2)男子ヴォレアス北海道の越川優選手(36)が中心となって企画。旭川や苫小牧など全道各地の男女計7チーム67人が参加した。

 越川選手はバレーの元日本代表で8月にヴォレアス北海道に入団した。コロナ禍でスポーツ大会が中止となる中、「特に3年生に思い出をつくってほしい」と元Vリーガーら7人とイベントの実行委を立ち上げた。13日現在、全国5ブロックでの開催...    
<記事全文を読む>