県内の各市の市長と、県が意見交換する県市長会議が二十八日、大津市の琵琶湖ホテルであった。二〇二四年に開催を予定する滋賀国体(国民スポーツ大会)の延期を巡る県の対応に「判断が遅く、後手に回っている」と厳しい意見が相次いだ。

 (岡屋京佑)
 滋賀国体の開催を巡っては、日本スポーツ協会などが新型コロナウイルスの影響で延期となった鹿児島国体を、二三年に開催する方向で調整中。同協会や鹿児島県が、佐賀と滋賀に一年ずつ開催を遅らせるよう求めていた。二十六日には同協会の伊藤雅俊会長らと三日月大造知事が県庁で会談し、三日月知事は判断を保留していた。
 今回の会議では、県側の対応の遅れ...    
<記事全文を読む>