◆競泳・早慶対抗水上大会(28日・東京辰巳国際水泳場)

 2016年リオデジャネイロ五輪男子200メートルバタフライ銀メダリストの坂井聖人(セイコー)が早大OBとしてオープン参加した。

 今年1月以来のレースに臨んだ坂井は100メートルのバタフライと背泳ぎに出場。専門外の背泳ぎを泳いだ約10分後に出場したバタフライは、全体5番手の55秒39。「体力的にきつい部分があり、思い描いたタイムで泳げなかった」と振り返った。コロナ禍で長期間プールが使えず体力面は低下したが、2018年に手術した右肩を休めることもできた。「(今後への)いいきっかけになったので、ここから」と意...    
<記事全文を読む>