延期された東京パラリンピック出場が決定している車いすラグビーカナダチームの事前合宿地・三沢市から、新型コロナウイルス感染症対策として、手作りマスクがカナダ車いすラグビー連盟に贈られたことに伴う交流会が26日、日本とカナダをオンラインで結んで開かれた。小桧山吉紀市長や製作に関わった市民らが、カナダの競技関係者や選手らと画面越しに交流。直接会えなくても変わらない友情を確かめ合い、来年の大会開催と三沢で再会できることを全員で願った。
 チームは2018年10月を皮切りに3度、同市内で事前合宿を実施している。
 市オリンピック・パラリンピック推進室によると、市は延期決定後、...    
<記事全文を読む>