全日本柔道連盟(全柔連)の金野潤強化委員長が26日、オンラインで取材に応じた。唯一東京五輪日本代表が決まっておらず、12月開催予定のグランドスラム(GS)東京大会が最終選考会となる男子66キロ級について、代表を争う丸山城志郎(ミキハウス)=宮崎市出身=と阿部一二三(パーク24)が新型コロナウイルスの影響で出場できない場合は選考を延期する考えを示した。

 金野委員長は「一方が感染したり濃厚接触者になったりした場合、延期せざるをえないのでは。新型コロナ対策委員会で協議するが、本人に責任を負わせるわけにはいかない」と配慮を示した。全柔連はGS東京が開かれない場合でも両者の一発勝負...    
<記事全文を読む>