バドミントン女子ダブルスの2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストで、「タカマツ」ペアの愛称で親しまれた高橋礼華(30)、藍住町出身の松友美佐紀(28)=ともに日本ユニシス=が19日、オンラインでそろって記者会見し、高橋が現役引退を正式に表明した。松友は混合ダブルスで現役を続ける意向を示した。

 高橋は引退理由について、東京五輪の延期に触れ「あと1年、自分の気持ちと体が持つのかなという気持ちになった」と説明。ペアを組んできた松友に対し「松友と組んでいたからダブルスが楽しいと思えた。今までありがとうという気持ち」と話した。

 松友は「先輩とでなければここまでやっ...    
<記事全文を読む>