北関東を中心に九州でも分散開催される予定だった今夏の全国高校総体(インターハイ)は本来なら18日に前橋市で開会式が行われるはずだった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になり、多くの高校3年生は最後に日本一を目指す舞台をなくした。目標を失った高校生たちを励まそうと、東京五輪を目指すトップアスリートが母校の後輩たちの質問に答える形でアドバイスを送った。(向吉三郎)

  ◇   ◇

 「もし高校時代に今の状況になっていたら、どのような気持ちで練習に取り組まれますか」。バドミントンの全国屈指の強豪校、八代東高(熊本)の北崎駿は男子ダブルスの園田啓悟と嘉村...    
<記事全文を読む>