自転車の全日本フリースタイルBMX連盟(岡山市)が同市南区青江に整備していた屋内練習施設「ライトBMXパーク」が完成し11日、報道陣に公開された。一般も利用できる施設としては国内最大級。来年の東京五輪で初採用されるフリースタイル・パークの強化の“本丸”で、競技普及の拠点としても活用する。15日にオープンする。

 約500平方メートル、天井高4~7メートルの貸倉庫を改修。16種類のジャンプ面を設置した。施設の大半を自作した日本代表監督の出口智嗣・同連盟理事長は「世界大会のパークをぎゅっと凝縮した。ここから世界に挑んでほしい」と話した。
<記事全文を読む>