宇都宮市西川田地区に完成した「カンセキスタジアムとちぎ」(県総合運動公園陸上競技場)のこけら落としとなる栃木陸上競技協会主催の本年度第1回記録会が8日に始まり、色とりどりのユニホームに身を包んだ選手たちが、真新しい競技場で躍動した。

県民スポーツ拠点 始動 新スタジアム完成式典 宇都宮【動画】

Web写真館に別カットの写真

 同スタジアムは陸上、サッカー兼用競技場で収容人員は約2万5千人。2022年の「いちご一会とちぎ国体」のメイン競技場として使われる予定になっている。供用開始はもともと今春の予定だったが、新型コロナウイルスの影響などで検査などの準備が整わず、延期...    
<記事全文を読む>