日本ハンドボール機構は3日、名護市を本拠とする女子のザ・テラスホテルズ「ラ・ティーダ」を来年の第46回日本ハンドボールリーグ(JHL)の新規参入チームとして承認したと発表した。7月22日の第3回臨時GM会で審査され通過した。JHL女子は来季から1チーム増えて10チームで戦う予定。東京五輪の開催のため開幕は例年の7月から変更される見込みだ。

 ザ・テラスホテルズ「ラ・ティーダ」は2017年にJHL参戦を目指して結成された。承認を受け良政幸監督は「県協会をはじめ、県民に応援していただいたおかげ」と感謝した。

 チームは18年10月のトライアウトを経て19...    
<記事全文を読む>