東京五輪のメインスタジアムとなる国立競技場で、広島の高校生が国内トップスプリンターに挑んだ。23日にあった陸上のセイコー・ゴールデングランプリ男子100メートル。崇徳高3年の後藤達樹が全国応募で選ばれ出場した。「トップ選手はスタートから違った」。大舞台でのレースに大きな刺激を受けた。

...    
<記事全文を読む>