陸上女子100メートル障害の清山ちさと(いちご・宮交シティ)が、今季初の国内トップレース「セイコー・ゴールデングランプリ(GP)」(23日・国立競技場)に臨む。7月の県選手権で自身の県記録を塗り替えてからも順調にトレーニングメニューを消化。「質、量ともに充実した練習が積めている。調子はいい」と、さらなる進化へ意気込んでいる。

...    
<記事全文を読む>