【沖縄】おきなわマラソン実行委員会(会長・桑江朝千夫沖縄市長)は14日午前、沖縄市役所で記者会見を開き、2021年2月21日に開催予定だった「第29回2021おきなわマラソン」を1年延期すると発表した。新型コロナウイルス感染症の収束が見込めないことから、ランナーをはじめ大会関係者の安全確保が困難であると判断した。実行委員会によると、おきなわマラソンの延期や中止は初めて。

 実行委員会は延期の理由として、第2波、第3波が発生した場合、新型コロナ対応で救急医療態勢の構築が困難となり、大会の安全確保が懸念されることや連続完走を目指すランナーに配慮したと説明した。
<記事全文を読む>