来年夏に延期された東京五輪マラソン・競歩の札幌開催まで、5日で1年となった。来年8月5、6日に競歩、マラソンは7、8日に行われる。大通公園を発着するコースの道路補修はほぼ完了し、今月6日からは4日間にわたってマラソン・競歩の競技時間と同時刻の実地検証が行われる。新型コロナウイルス対策は秋以降に検討する。

 マラソンは女子が2021年8月7日、男子は五輪最終日の8日で、それぞれ午前7時出走。大通公園から平岸通、創成川通、北大などを経由して大通に戻り、1周目の後半部分をさらに2周する。

 競歩は札幌駅前通を南北に往復。5日午後4時半に男子20キロ、6日の午前5時半に...    
<記事全文を読む>